Blog

ブログ更新情報


2019

引退インタビュー 〜マネ長、りささん編〜

マネ引退インタビュー!

マネ長である、りささん編です!!

インタビューは、3年マネの篠江、金島でお送りましす!

------------------------------------------------------------------------------

篠江、金島「マネ長インタビュー!お願いしまーす!!」

竹内「お願いします!いいこと言えるかな(笑)」


金島「じゃあまず、この部に入ったきっかけは?」


竹内「うーん、、まず新歓の勧誘でボート部を知った。元々サークルの他にちゃんとしたものやりたいと思ってて、勧誘受けた他の体育会も行ったんだけど、BBQのボート部の雰囲気で決めた!BBQは一人で行った(笑)」

 

篠江「一人で行ったんですか!!(笑)」


竹内「そう、一人だった(笑)」


(中略)


金島「じゃあ、モチベーションはどうやって保ちましたか?」


竹内「入部したときに、日本一を取るって決めた。辛くても、日本一を取るためにって気持ちは忘れずに活動してきたかなあ。最初入部した時は、今みたいに強くなくてメダルもなかったんだよね。」


金島「そうでしたよね。

           じゃあ、辛かったことってなんですか?」


竹内「うーん…一年の頃はやってる意味を感じなかったかな、、今みたいに勝てないし、マネの仕事もごはん作りだけだったから、本当に漕手の意味になってるのかすごく悩んだ。」


篠江「そうですよね、本当にご飯作りだけでしたよね」


竹内「うん。でもそこから普段の泊まりの仕事とか大会中の付きとか、色々やらせてもらえたからよかったなあ〜。」


金島「りささんといえば、グリーンのコックスもやってましたよね!コックスはどうでしたか?」


竹内「あの時期は本当に、自分の中でもマネに対する考え方が変わった。自分含めて、一時期マネージャーを嫌いになった(笑)」


篠江、金島「(笑)どういうところですか?」


竹内「それまでは、正直自分たちなりにマネージャーとしてサポートできてると思ってた。けど離れてみるとできてないところがたくさんあって、今のマネはまだまだダメだって気付かされた。」


金島「例えば??」


竹内「うーん…例えば、毎日寮生活してる中でやっぱり通いのマネからの悪影響があったかな。こっちからしたら動いて欲しい時に動いてもらえなかったり。ミーティングやってる時も気づかなかったり、静かにしてほしいときにうるさいなと思うことが多かった(笑)けど、自分がマネだからこそ、みんなに共有して変えられるなって思った!」


篠江「あの頃めっちゃ怒られましたよね!女子漕手とかに、うるさいって。本当にその通りだった。」


(中略)


金島「じゃあ、一番忘れないことって何ですか?」

竹内「やっぱり全日本の優勝かな!一年の頃からの漠然としてた夢が叶った瞬間だった、全身震えた(笑)最初は本当に勝てなくてメダルもなかったんだけど、優勝できるまでになって。その過程にいられたことがすごく嬉しかった。」


金島「じゃあ、同期マネとのエピソードありますか?なんか激アツなもの!(笑)」


竹内「激アツか〜(笑)なんだろう…最初は、なんでもっと動かないんだろうとか、意思がないのかなとか思ってた(笑)一番は、2年の11月くらいかな?3人でドライブした帰りに部活について話した時。

私の最寄りについて帰るくらいにあいなが泣き始めて。(笑)アビロンについてとか、本気で部活に行きたくないって話を聞いた。それを聞いて、そんな気持ちに気づけなかった私もあゆこも泣き始めて、最寄りに路駐して3人で号泣した(笑)」


篠江、金島「(笑)そんなことがあったんですね!それは激アツです(笑)」


竹内「それからは定期的に、3人で話すようにしたかな〜。」


金島「じゃあ、、、同期へのメッセージお願いします!」


竹内「同期へは本当に、感謝。

一年の時、部活にやりがいを感じなかったときに漕手が同期会に呼んでくれて、漕手の部活に対する熱い気持ちを聞けて。同期がこんな頑張ってるなら私たちも頑張れるなって思った。正直、漕手とマネには壁があると思ってて、そう思って入部したところもあったから、マネを受け入れてくれたことがすごく嬉しかった。みんなで誕プレ交換とか、遠足行ったりとか。仲間として迎えてくれてありがとう。


あゆことあいなには、、、、涙(泣き始めるりささん)

本当に迷惑かけて、、、、

2人ともあんまり言葉にしないタイプだから悩んだこともあったけど、相談したら一生懸命返してくれるし、、、私は一人で抱えこんじゃうところがあって、でもそれをわかってて接してくれて。気を遣わせて申し訳ない反面ありがたかったなあ。


二人はすごく熱い人でした。(笑)自分はたくさん助けてもらったけど、助けてあげられたのかな。」


篠江「四年生は本当に仲良いですよね!遠足とか!」


金島「じゃあ最後に!後輩マネにお願いします!(笑)」


竹内「えー目の前にいるのに!(笑)うーんじゃあ、、一年生は、体験の時から凄く熱心で、一生懸命だから凄く楽しみ!個性強くてマイペースだけど(笑)これから大変なこといっぱいあると思うけど、心とか、芯が強そう。」


金島「間違いない(笑)」


竹内「二年生は少なかったけど、大量の仕事を全部こなして、しっかりやってくれて動いてくれてすごいなと思った。心配になったことなかったな。


三年生は…本当に、入ってくれてありがとう。最初の頃は輪に入れてあげられなくて申し訳なかった。一人辞めたり、色々あって劇的に変わったと思う。最初は正直、部活に対して意欲がないように見えた(笑)でもすごく意見を出してくれるようになって。特に新体制になってマネが9人になって半分になった時、すごく不安だったんだけど…三年生が底上げしてくれて、頑張りましょう!と言ってくれてすごく嬉しかった。そのおかげでなんとかなったと思う。

四人ともこうしたいです!と言ってくれて、すごく助かった。みんなそれぞれエピソードがある。(笑)」


篠江「え〜それはぜひ手紙で!(笑)」


竹内「そうだね(笑)就活の時でも、三年生が明るく接してくれたのが力になった!

部活をこうしたいという気持ちが溢れる三年生。動いてくれて言葉にしてくれて、任せられる後輩だなあと思ってます。信頼してる。

楽しくできたのは三年生のおかげ!ありがとう。」


篠江、金島「マネ長インタビュー、ありがとうございました!」




コメント
名前

内容