News

最新ニュース


2017.11.01

第95回全日本選手権大会

10月26日から29日にかけて、全日本選手権大会が行われました。

台風の影響で最終日は大雨となりましたが、保護者の方々、OB、OGの先輩始め多くの方々に応援に駆けつけて頂きました。コース脇からの皆様の応援は、選手にとって何よりの力になります。改めてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。


さて、4年生にとって引退試合ともなる今大会は、今までのボート生活の集大成として、より一層チームとしての士気を高めて挑んだ大会となりました。

法政からは、男子が舵手無しペア、ダブルスカル、舵手無しフォア、舵手付フォア、舵手無しクォドルプル

女子がシングルスカル、女子エイトの計7クルーがエントリーしました。

このうち、5クルーが順位をつけ、男子舵手無しペアは銀メダルを手にしました。詳しい戦績は、試合結果や漕手日記をご覧ください。

チーム法政として掲げていた「グリーンレガッタ 全日本大学選手権大会 全日本選手権大会 優勝」は果たすことができなかったものの、全日本の舞台で表彰台に立つことができ、「強豪法政」復活の足音は、確かなものになりつつあります。


舵手なしペア 左:納見 右:西岡


そして、マネージャー含め9人の4年生が今大会をもって引退しました。大会後には引退式を行い、監督・コーチ陣、OB・OGへの感謝の言葉、自分自身のボート人生の振り返り、後輩へのメッセージを一人一人語りました。そこで語られた思いや信念は後輩に引き継がれ、これからも生き続けていきます。


新体制のスタートにもなる全日本新人選手権大会、今シーズン最後の大会になります。これまでの良い波を止めることなく、緊張感を持ち、切磋琢磨し合いながら「チーム法政」一丸となり、練習に励んで参ります。


これからも、ますますのご支援、ご声援の程、よろしくお願い致します。



11月5日 14:30〜よりNHK Eテレにて、女子シングルスカル石垣のレースの様子が放送されます。また、男子舵手なしペアの様子も放送されますので、是非ご覧ください。