Blog

ブログ更新情報


2018

グリーンレガッタとはなんぞやの答え

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
マネ長兼グリーンレガッタ実行委員の新谷です。

実行委員を担当したマネージャーが各々思うことを書いていこうってことにしたので私も書かせてもらいます。長くなりますが読んで頂ければ嬉しいです。

28日にグリーンレガッタが行われ、私の現役生活最後のグリーンレガッタが終わりました。
幹事校の東京経済大学の皆さん、この数ヶ月本当にお疲れ様でした。
グリーンレガッタにお越しいただた方々、誠にありがとうございました。
この大会は、OB・OGはじめ保護者の方々の支援の上に成り立っているものです。重ね重ね感謝申し上げます。

次はOBとしての参加になるなんて……時の流れは早いものです。
全ての行事に最後がつく学年になったということは、刻一刻と引退が近づいているということでもあります。感慨深いですね〜。

うちの同期マネについてちょっとお話ししたいと思います。

特徴として、人数がかなり多いんです。9人いて、マネの半分以上がうちの学年なんです。係の内訳として、アビロン4人、学連1人、グリーン4人になってます。なんでグリーンを選んだか、理由はありません。直感!

アビロンの4人はとにかく仲が良くて面白いし、いるだけで場の空気があったまるんです。アビ会なるものが毎月開かれていたりするようなので、そういうアビロン特有の楽しそうな話もブログにいずれのるかもしれません。これはフリです。

学連の沙樹ちゃんは、今では幹部で大会中は本部で走り回ってます。集合写真一緒に撮れなかったり、勝った時に喜び分かち合えないと寂しいなってなるんですけど、その運命は受け入れて、普段の部活ではずっと一緒にいますね。

そして、私が所属するグリーンの4年は、なんか自由なんです。まとまりがないわけじゃないんです。でも、グリーン会とかしたことないですし、サッパリしてる人集まってるなーと自分のことながら思ってました(笑)

こういうところでも、個性の強さを感じます。


そんなメンバーに加え、愉快で頼もしい後輩たちと3回目のグリーンレガッタを迎えました。

1年生の時は、まだ入部もしていない時に行われていたのでカウント出来ません。1年生の時のグリーンの話をきく機会が最近あったんです。水谷がシングルで出てボロクソに負けたとか、坂本・戸田でダブル乗ってたとかとか。今ではそんなクルー考えられないんで驚いちゃいました。


今回は、総合優勝は中央に持っていかれて連覇は途絶え、めちゃくちゃに悔しいです。

確かにスポーツ競技はどれも試合に勝ってこそなところはあります。しかし、木本も言うように、波間監督と主将水谷が先頭に立って目指しているチーム法政は、どこにも負けないと思っています。鼓舞しあったり、みんなで勝ちに行くのはどこの大学も同じかと思うんですけど、やっぱり自分のチームがよく見えちゃいます。完全な贔屓目です。ご容赦ください。

当日は、学連の補助員として放送をしていたので観覧席の盛り上がりとかは見ることが出来なかったんですけど、本部にいる法政のマネと盛り上がってました。ゴールに差し掛かった時は居ても立っても居られなくて、放送席から立ち上がって外で応援しちゃいました。女子の付きクォで中央と同点になり、エイトで総合優勝かどうか決まるとこは興奮ものでしたね。
かっこいいし、みんな全力だし、頑張れ頑張れ、あー大好きだぞみんなってなりました。特に同期が頑張ってる姿は、心にくるものがあります。
また、懇親会の時の後輩の動きには脱帽です。私は行事の司会をすることが多々あり、イベントのときはずっと周りを見ながら進行しているのですが、うちの後輩たちは本当に動けるんですよね。いつも本当にお疲れ様、イベントが滞りなく進むのも後輩のおかげです。試合後で疲れているにもかかわらず、先輩の飲み物が空けばつぎ、食べ物を持ってくる。そんなことが出来る大学生そんなにいません。選手のみんながしてきている規則だらけの生活でついた、周りを気遣う力は社会で必ず評価されるものだと就職活動を通して感じています。


グリーンに向けてクルーミーティングを開く様子を目の当たりにして、グリーンレガッタという大会が選手にとってモチベーションを作り上げるものになっていることが実感できました。それまで、グリーンとはなんぞやと考えていた自分にとって最後の年で答えが見えてきました。続けててよかったなって思えました。充実感を持って最後のグリーンレガッタを終えられて良かったと思います。


最後に、あの人へのお礼を。

実行委員こぞって木本に頼りきりの部分もあって、反省している点でもあります。彼女のおかげで今大会が無事開催されたと言っても過言じゃありません。ありがとう。お疲れ様でした。



大好きな仲間と一緒にいられるのも半年程になります。悔いの残らないように、一日一生、一秒一生で取り組んでいこうと思います。楽しく一生懸命「上下一心」で漕手を支えていきます。


私が選んだ写真はこれです。

楽しそうなOBエイト。先輩たち愛おしい。

COXの高木さんが切れてしまっていますが……。


コメント
名前

内容